初診の場合についての質問

  • 予約時間のどれくらい前に到着する必要がありますか?

    ご予約時間の5-10分前に来ていただけると問診表に記入していただく時間が取れて助かります。

  • 何か持っていく必要がありますか?

    以下のものをご持参ください。

    • 歯科用医療保険証書(もしあれば)
  • 初診にはどれくらいの時間がかかりますか?

    治療内容によって変わってきますが、1-1.5時間を見ていただければ助かります。

治療に関する一般的質問

  • どうして定期的に行く必要があるのですか?

    痛みなど問題があるときだけ歯科医に行く人がほとんどで、定期的に歯科医に行く人は少ないようです。定期的に行くとお金がもったいないという方がいらっしゃいますが、実際にはお金や時間を損している場合が多いのです。「痛くないから何も問題はないだろう」というのが一般的な考え方です。しかし、虫歯などは、痛みなどが起きてからだとかなり症状が進行してしまっている場合がほとんどです。

    虫歯は多くの場合歯の神経に達しない限り痛みはありません。虫歯がとても大きくなって初めて違和感を感じ始めます。歯科医はその状態になる3-4年前に症状に気付けます。早く気付けば、歯の神経を抜くなど大掛かりな治療をしなくて済むのです。

  • 糸ようじを使う必要がありますか?

    糸ようじ(フロス)は口内のバクテリアを減らすのに役立ちます。バクテリアは口の中に残っている小さな食べ物の破片を食べて生きています。バクテリアは歯垢の中で生活していますが、糸ようじで歯垢は除去できます。歯ブラシでは取り除けなかった、歯の間の狭いすき間にいるバクテリアを糸ようじで除去できるのです。糸ようじを使用しないと歯垢はどんどん固くなり歯石になります。歯垢なら歯磨きと糸ようじで取り除けますが、歯石になると歯科医しか除去できません。

    歯科医に糸ようじの正しい使い方を教えてもらってください。次回の歯のお掃除の時に糸ようじを使った成果を実感できると思います。

  • 子供にどうやって歯磨きを教えたらいいでしょうか?

    どうぞ遊び感覚で教えてあげてください。ご両親が真剣に取り組んでいるとお子さんにも伝わります。子供というのは親の真似をしたがるものだからです。お子さんが歯磨きしている姿や口内衛生に気を配っている様子を見れば、必ず真似をします。歯医者さんにもっと楽しい良いアイデアがないか聞いてみることもできます。

    早い時期からお子さんが歯の掃除のために歯科医のところに行く習慣をつけましょう。最初の歯が生えてから最初のお誕生日に歯またはその6か月後に歯科医に見てもらうといいでしょう。

  • どうすれば虫歯予防ができますか?

    2-3分かけて歯を磨いてください。歯の表面についたバクテリアを除くには2-3分かかります。あまり強く磨きすぎないことも大切です。軽い力で磨くだけでバクテリアと歯垢を除去できます。一日に一度は糸ようじ(フロス)を使用してバクテリアを歯から除きましょう。

    砂糖の摂取に気をつけてください。飴、果物、お菓子類に入っています。口内のバクテリアの大好物です。またレーズンやピーナッツバターなど歯に引っ付くものにも注意しましょう。バクテリアがずっと食べ続けることができるからです。できるだけ甘いものを食べる時間を減らし、食べたら歯磨きすると良いでしょう。

    もし食事の後に歯磨きをする時間がなければ、水で口をすすぎましょう。これだけで食べ物をある程度口の中から除くことができます。シュガーレスのガムを噛むのも効果があります。噛んでいると唾が出てきます。実は唾には歯垢を防ぐ役割があります。また定期的に歯医者さんにみてもらいましょう。これが虫歯ゼロへの近道です。

  • なぜレントゲンが必要なのですか?

    歯や周囲の組織の病気はただ肉眼で見ただけでは分からないものが多くあります。
    レントゲン写真で発見できるもの:

    • 歯と歯の間や詰め物の下にある虫歯
    • 骨の炎症
    • 歯周病
    • 歯の根部分にある膿
    • 発育異常
    • 腫瘍

    歯のトラブルを早期発見できると、時間やお金の節約になり、治療中の痛みの軽減にもなります。定期的な検診時にレントゲンを撮ると見えない部分のトラブルを早期発見できます。命にかかわる隠れた腫瘍を早期発見できる場合もあります。医師は今の状態からみてレントゲンが必要かどうかを判断します。もし不安な点があれば担当医にご相談ください。

  • フッ素とは何ですか?なぜ必要ですか?

    フッ素とは食べ物や水に含まれる自然界に存在するミネラルの一種です。煎じたお茶、缶詰の魚、調理したケールやホウレンソウ、りんご、スキムミルクなどに含まれます。場所によっては水道水に含まれている所もあり、その場合は水道水を飲むことによりフッ素を取り入れることができます。そうでない場合は、サプリメントで補うことができます。

    フッ素の不足は虫歯の原因になります。フッ素には、口の中の歯垢に潜んでいるバクテリアが出す酸に対抗できるよう歯の表面のエナメルを強くする効果があるので、フッ素は口内衛生にとても重要なのです。

    調査によると、生まれた時からフッ素を含む水を摂取している子供は虫歯が少ないという結果が出ています。フッ素は初期段階の虫歯を治し、骨粗しょう症や骨の変性疾患を防ぐことができます。1日に必要なフッ素を取れているかどうか歯科医や歯科衛生士に相談してみてください。

  • 虫歯予防のシーラントとは何ですか?

    アメリカ歯科医師会は、虫歯に対抗するもっとも効果的な手段だと述べています。シーラントとは、奥歯の溝に薄いコーティングをすることです。虫歯を作るバクテリアから歯を保護するバリアーのような役割を果たします。

    シーラントは大人にも有効ですが、子供たちの歯を守るのにとても効果的です。シーラントの費用は詰め物をする費用の半分ほどなので、とても経済的でもあります。ご自分やお子様にとってシーラントが効果的かどうか、どうぞ担当医にご相談ください。

  • 歯がしみる場合はどうしたらいいですか?

    塩化ストロンチウムや硝酸カリウムが入っている知覚過敏用の歯磨き粉は歯がしみる時に効果があります。数週間使用を続けてみてください。酸が強い食品、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、お茶、ソーダ水などは歯がしみる原因になります。知覚過敏用の歯磨き粉を使って優しく歯ブラシしても改善しない場合は歯医者さんにみてもらいましょう。歯の根をコーティングすることにより、知覚過敏の改善を図ります。また高濃度フッ素が入った製品も効果があります。

    知覚過敏についてさらに情報をお知りになりたい方はどうぞお気軽にマリスデンタルクリニックまでご連絡ください。

  • 歯周病とは何ですか?

    歯周病とは歯茎や歯を支える骨にできる炎症のことで、治療しないと骨にダメージを与え、歯が抜けてしまうことさえあります。歯周病を放っておくと、心臓病、脳梗塞、低体重未熟児の出産、早産、呼吸器疾患、前立腺がんになる危険が高くなります。歯茎が腫れて後退してきたら、歯周病が進行しているサインです。

    次のような症状があれば歯周病かもしれません。

    • 口臭
    • 歯茎が赤い、腫れている
    • 歯が抜けた、グラグラする
    • 歯がしみる
    • 歯の周りに膿がある
    • 噛むときに痛む
    • 歯茎が柔らかい
    • 歯茎から出血する

    歯周病は進行すると手術が必要になります。早期発見と治療のために、歯医者さんか歯科衛生士に定期的にチェックしてもらうことをお勧めします。

  • ホワイトニングの効果はどれくらい続きますか?

    大抵の場合、1年以上効果が持続します。ただ、赤ワインやコーヒー、酸を含む食べ物を摂取すると早く着色してしまいます。ホワイトニングの効果が落ち始めた時点でもう一度ホワイトニングを行うと効果を持続させることができます。

    マリスデンタルクリニックの経験あるスタッフにホワイトニングについてどうぞお気軽にお尋ねください。

  • ホワイトニングをうたう歯磨き粉には効果がありますか?

    いろんな種類の歯磨き粉があり、効果も様々です。多くの場合、研磨剤が入っていて歯の表面の汚れを落とす効果があります。ただクリニックで行うホワイトニングと違って、歯に染みついた色を落とすことはできません。また研磨剤は歯の表面のエナメルを傷つけることがあります。研磨剤入りの歯磨き粉で強く磨いたり、長期間 使用し続けたりすると、エナメルを傷つけ、知覚過敏を引き起こす原因になります。

    ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用したい方はマリスデンタルクリニックの歯科医にご相談ください。

  • 歯が抜けた場合、そのままにしておいてはいけませんか?

    もしそのまま放っておくと、噛むのが難しくなり、その横の歯が空いたスペースに向かって動いていきます。またその対になる歯(上下に向かい合う歯)が伸びてきます。それで何かの方法でそのすき間を埋めることが必要です。

  • どんな症状が出たら歯科医に行くべきですか?

    以下のような症状があれば、歯科医にみてもらいましょう。

    • 口内炎
    • 顎の痛み
    • 赤みがある
    • 顔や歯茎の腫れ
    • 歯がしみる
    • 歯が欠けた
    • 口が乾燥する
    • 歯ぐきから出血する
    • 口臭がする、口内に不快な味がする

    問題が悪化したり炎症が起きたりしないように早めに診察を受けましょう。

  • 定期検診が必要なのはなぜですか?

    定期検診をしておくと問題を早期発見でき、問題が大きくなって治療に多額の費用がかかるということを避けられます。

    まず歯科衛生士が口の中のお掃除をします。それから歯科医が歯の表面や歯茎との境目を専用のツールで掃除します。長い間掃除していない場合、痛みが出たり歯がしみたりすることがあります。

    大抵の場合、6か月以内に定期検診を受けることをお勧めしています。歯医者に行くのが怖い場合、安心できるクリニックを探し、何をしてほしいかをきちんと伝えましょう。お子さんが歯医者さんを怖がらないように、ご自身が怖がらないようにすることも大切です。

  • 詰め物にはどんな効果がありますか?

    虫歯は歯の表面のエナメルに穴をあけます。詰め物をしないとその穴がどんどん大きくなってしまいます。

    まず麻酔をして、虫歯の周りを削ります。コンポジットレジンと呼ばれる 固いセラミックが混ざった材料を虫歯の部分に流し入れます。乾くと固まります。麻酔を打つ時と削る作業時に痛みや振動を感じるかもしれません。

    一度固まると、外れるか割れるまで治療は必要ありません。

  • どうして私の歯は白くないのでしょうか?

    生まれた時のように白くないのは、タバコ、色の濃い食べ物や飲み物が原因です。徐々に白さがなくなっていっているのです。温かいコーヒーや紅茶は特に着色しやすいので注意しましょう。温冷を繰り返すと歯は膨張し汚れを歯の中に浸透させてしまいます。コーヒーや紅茶を減らすと歯の白さを取り戻せる場合があります。酸が強い食品も避けましょう。酸は歯の表面に小さな穴をあけるので、汚れが歯の中に入りやすくなります。

    当院では、ホワイトニングを持続させる施術を行うことができます。

  • 歯茎からの出血がある場合、どうしたらいいですか?

    大抵の場合、歯茎からの出血は歯周病や歯肉炎のサインです。出血がある多くの方は歯を磨くと痛いからと、磨くのをやめてしまいます。実はやめるとさらに出血が起きやすくなるのです。炎症が起きているときに歯磨きをすると、炎症を抑える効果があります。ぜひ歯医者さんに診てもらってどれくらい進行しているのかをチェックしてもらい、どの治療法が最適なのかを教えてもらいましょう。

    痛みや不快感は何か問題があるサインです。市販薬で一時的に痛みを抑えられるかもしれませんが、これは問題にただ蓋をした状態で一時的な解決でしかないことを覚えておいてください。

    歯茎から出血がある場合はできるだけ早く歯医者さんに診てもらいましょう。